初代Mac miniのばらし方
(インテルMac miniのばらし方はこちらです)

*** Mac miniを個人でばらしますと ***
*** アップルの保証が無効になります ***


用意するツールとしては、薄い剛性のある金属板です。料理用のフライ返しのようなもので代用出来ます。今回はぺらんぺらんの米国製フライ返しともんじゃ焼きのへらを使ってみました。

1.まず裏側から、裏面と側面の間に薄いフライ返しを差し込みます。この間隔はほとんどありませんので、出来るだけ薄い金属板が良いのですが、薄す過ぎると剛性が弱くなりますので、塩梅が難しいところです。




2007年7月追加:時計の裏蓋を開けるツールも便利です。100円ショップで購入しました。

2.次にこの薄い薄いフライ返しをこじりながら、もうちょっと剛性のあるへらを差し込みます。この差し込む時に慎重にやらないと、側面の内側がへこんだり、傷が付きます。あまり気にしない人には良いのですが、気にされる方はばらさないほうが良いと思います。

3.そして薄いフライ返しを取り外し、へらだけにします。そしてへらをこじりながら、本体の内部に入れていきます。そして、てこの要領でへらを下に押し下げます。この時、側面が外側にゆがみますので、ちょっと勇気がいります。側面がゆがむことで裏蓋のプラスチックの爪が側面からはずれていきます。


へらを押し下げると裏蓋が持ち上がります。


これが爪がはずれた状態

5.裏蓋の隙間に指を入れて、裏蓋を側面(本体)から引きはがします。




開腹後の図


メモリースロット。1つだけです。
256MBが標準。512MB又は1GBに交換することが出来ます。

***2007年7月追記***


メモリースロット上部にAir MacのアンテナがあるMac miniもあるようです。


メモリーの取り外そうとすると、当たってしまうので取り外す必要があります。
ネジ止めはされていないので、軽く上に持ち上げるとはずれます。

*** Mac miniを個人でばらしますと ***
*** アップルの保証が無効になります ***

Macminiは大変良いマックなのですが、購入時にメモリーを増設し損なうと増設が少々面倒です。

Mac miniの保証が切れている(または保証を気にしない)というお客様は可能であれば、上記のばらし方を参考に、ご自身でメモリーを増設されることをお薦めします。ご自身で増設出来れば、メモリーの故障の場合など交換が簡単です。

ただ、どうしてもご自身で増設する自信のない方は、マックメムでMac mini用のメモリーをご購入頂いたお客様に限りマックメムで増設作業をいたします。なお増設作業の料金は無料です。以下からご依頼ください。

メモリーの増設依頼はこちらから承ります。

メモリーのご購入はこちらから承ります。


macmem.com
運営:(有)青い空 店長:猪川紀夫
info@macmem.com
日本オフィス:〒222-0037 神奈川県横浜市港北区大倉山3-5-11-A
電話/FAX:045-543-0998

■当社はオンラインストアーであり、販売形態は通信販売のみです。
■電話でのお問い合わせは受け付けておりません。メールでのみ対応させて頂きます。
■商品の価格・仕様・発売時期等は、予告なしに変更される場合があります。
■このウエブサイトに掲載されている内容を無断に転載することを禁止します。
■このウエブサイトのリンクは自由ですが、事前にご連絡ください。